2017年1月開始

~親はどうするべきか~プログラミング教育の現在と今後

講師:プログラミングスクールTENTO代表 竹林 暁

よみうりカルチャー自由が丘 ジュニアスクール > 講座一覧 > ピックアップ > 公開講座 > ~親はどうするべきか~プログラミング教育の現在と今後

~親はどうするべきか~プログラミング教育の現在と今後

2020年からプログラミングが小学校で必修化される背景には、社会の変化があります。まず、その社会の変化があるためにプログラミングをまなぶ必要があるということを説明します。次に、プログラミングがどのように他の科目と違い、どんな可能性があるかをお話します。プログラミングは自分一人で学習可能なため、アクティブラーニングと呼ばれる新しい時代の学び方が可能になっています。アクティブラーニングへの保護者の関わり方を提案します。

*** お子様の同伴は出来ません。ご了承ください。 ***

~親はどうするべきか~プログラミング教育の現在と今後の特徴

~親はどうするべきか~プログラミング教育の現在と今後 2017年1月の詳細

日時
2月3日 土曜日 15:00~16:30
受講料
1,080円(税込)
教材費
- 円
設備費
円(税込)
ご案内
初回持参品
筆記用具
途中受講
×
見学
×
体験
×

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

お問い合わせ・お申込みはこちら

PAGE TOP