習字は字が上手になるだけではなく、集中力や礼儀作法が身に着くとして、我が子に習わせたいお稽古の上位に挙がっています。ここでは、水で書くと墨で書いたように色が変わる特別な紙を使い、墨の汚れを気にせずに書ける「水書道(R)」と、鉛筆練習を組み合わせた独自のカリキュラムで、毛筆、鉛筆の字ともに上達に導きます。また、紙に向かいながら、集中力をはじめ、持続力、注意力、落ち着き、姿勢のよさなども自然と養われていきます。授業の始めと終わりの挨拶も大切にしています。初めに覚え込んでしまった間違った書き順やくせ字は、大人になるとなかなか直しづらいもの。お子様それぞれの進度に合わせた少人数制の指導で今から正しく美しい文字を身に付けましょう。 習字は字が上手になるだけではなく、集中力や礼儀作法が身に着くとして、我が子に習わせたいお稽古の上位に挙がっています。ここでは、水で書くと墨で書いたように色が変わる特別な紙を使い、墨の汚れを気にせずに書ける「水書道(R)」と、鉛筆練習を組み合わせた独自のカリキュラムで、毛筆、鉛筆の字ともに上達に導きます。また、紙に向かいながら、集中力をはじめ、持続力、注意力、落ち着き、姿勢のよさなども自然と養われていきます。授業の始めと終わりの挨拶も大切にしています。初めに覚え込んでしまった間違った書き順やくせ字は、大人になるとなかなか直しづらいもの。お子様それぞれの進度に合わせた少人数制の指導で今から正しく美しい文字を身に付けましょう。 縄跳びのジャンプの仕方、縄のまわし方のコツをつかみ、縄跳びのスペシャリストを目指そう!また、忍者ナインのかけっこでは<速く走るコツ>を習得しよう。 跳べないお子様も指導いたしますのでぜひご参加ください。 縄跳びのジャンプの仕方、縄のまわし方のコツをつかみ、縄跳びのスペシャリストを目指そう!また、忍者ナインのかけっこでは<速く走るコツ>を習得しよう。 跳べないお子様も指導いたしますのでぜひご参加ください。 子どもとの生活は、同じことで怒り、怒られる毎日の繰り返しではありませんか。 親子で作る「こども手帳術」は、子どもが自分で考え、行動できるようになる画期的な自己管理ツールです。ガミガミ・育児ストレスから解放され、親子の楽しい時間が格段に増えるでしょう。手帳は大人が使うもの、とイメージがある方へ。まずは実際に手帳をご覧いただき、活用法の基礎を学びながらこども手帳術のある生活を体感してください。受験期にも効果的です。 おおむね3歳から小学校高学年の保護者が対象です。 コンピューター化が進む今、昔ながらの「そろばん」が見直されています。 頭の中で珠を動かすイメージで計算する「そろばん式暗算」は、暗記力はもちろん、早く正確に計算する力が養われます。また、限られた時間内で繰り返し計算練習を行うことで、集中力や忍耐力が身に着き、日常生活でも落ち着いて粘り強く物事に取り組めるようになります。更に、教室の仲間と検定試験に向け、学年を超えて互いに頑張り合えること、そして合格出来た時の達成感や、やりがいといったお子様の成長過程で大切なものがそろばんを通して自然と芽生えてきます。 そろばんで一生の財産となる力を身に着けませんか。 習字は字が上手になるだけではなく、集中力や礼儀作法が身に着くとして、我が子に習わせたいお稽古の上位に挙がっています。ここでは、水で書くと墨で書いたように色が変わる特別な紙を使い、墨の汚れを気にせずに書ける「水書道(R)」と、鉛筆練習を組み合わせた独自のカリキュラムで、毛筆、鉛筆の字ともに上達に導きます。また、紙に向かいながら、集中力をはじめ、持続力、注意力、落ち着き、姿勢のよさなども自然と養われていきます。授業の始めと終わりの挨拶も大切にしています。初めに覚え込んでしまった間違った書き順やくせ字は、大人になるとなかなか直しづらいもの。お子様それぞれの進度に合わせた少人数制の指導で今から正しく美しい文字を身に付けましょう。 習字は字が上手になるだけではなく、集中力や礼儀作法が身に着くとして、我が子に習わせたいお稽古の上位に挙がっています。ここでは、水で書くと墨で書いたように色が変わる特別な紙を使い、墨の汚れを気にせずに書ける「水書道(R)」と、鉛筆練習を組み合わせた独自のカリキュラムで、毛筆、鉛筆の字ともに上達に導きます。また、紙に向かいながら、集中力をはじめ、持続力、注意力、落ち着き、姿勢のよさなども自然と養われていきます。授業の始めと終わりの挨拶も大切にしています。初めに覚え込んでしまった間違った書き順やくせ字は、大人になるとなかなか直しづらいもの。お子様それぞれの進度に合わせた少人数制の指導で今から正しく美しい文字を身に付けましょう。 作文、詩、読書感想文、物語などを書くことを通して、言葉で表現する楽しさを知り味わいましょう。 書くことは、積み重ねることで慣れていきます。また書くことは考える力を伸ばします。月1回でも書く機会を作ることは、考えるきっかけになるでしょう。何を書いたらいいかわからない人には題材の見つけ方を、書くことが大好きなひとにはもっと伝わる書き方を、指導します。書くことができるようになると、学校の教室で自信をもって質問や発表ができるようになりますし、順序立てて考える習慣も身に付き、他教科の伸長にもつながります。 幅広い年代で注目が高まっている将棋。お子様の成長にも様々な効果があります。 駒の動かし方や指し方のルールを実践で学ぶ中で自然と思考力や集中力が鍛えられます。また、時間制限の中で勝負する対局を通して、礼儀作法や我慢強く取り組む姿勢、勝ち負けに関わらず相手を思いやる心は、コンピューターゲームでは養うことができません。 数々のタイトルを獲得した輝かしい経歴を持つ高橋九段が情熱を持ってお子様の指導にあたります。

PAGE TOP